LGBT'Qs

職場で同性を好きになっても良い…自分の気持ちを否定せずに生きたいね

こんきちです。

今回は久々に、こんきちのジェンダー日記を書きました。今回は、私自身が同性の女の子を好きなった事があるのですが、「別に同性だろうとなかろうとどの性別を好きになってもいいよって思う」事について考えたお話です。

もしよければ読んでみてね。

人と違う「好き」だからって理由で、否定されるのは怖い

私はあまり性別関係なく人を好きになる所があるみたいです。でも同じ「好き」なのに、同性を好きになるとすごく悩みます。

学校で、会社で、同じ同性の人を好きになる。

同性同士だって「好き」になれば、普通に嫉妬もするし、話しかけられればルンルンだし、ちょっと冷たくされるとずーんってなります。でもそばにいたい、仲良くなりたいって気持ちはずっとある。

日本の社会って「みんなと同じ事が大切」って部分が強いです。

「しならない事」「未知」にとても不穏や恐怖、不快感を感じる人が多いのかもしれません。日本人って、少し臆病といいますか神経質な人、保守的人が多いイメージあるし。(こういうイメージがあるって事はつまり、そういう空気のある社会なんだとも思う)

 

そんな日本の社会で普通に会社で働いている。

そこでもし職場の先輩(同性)を好きになったとしたら私ならやっぱり告白は出来無いだろうなって思います。

告白して振られる事も怖いです。

でもそれよりも、「自分を否定される事」「居場所がなくなるかもしれない事」が私は怖いです。

  • 周囲からの異端の目線
  • 好きな相手、周囲の人から気持ち悪いと思われるかもしれない事
  • 好きな相手から完全に拒絶されるかもしれない
  • 毎日通う会社に居場所が無くなるかもしれない
  • 私という人間が否定されるかもしれない

ずっとみんなの言う一般的な感覚との間に違和感があった

私は、中学位からどこか人と感覚が違うような違和感がありました。

今思えばこれは、

  • 人との距離感や恋愛観
  • 女子の噂話、恋バナに溶け込めない自分
  • 「みんな」と何か違う自分の感覚や価値観
  • 同性も好きなにれる自分の感覚

・・・から来ていたのだと思います。

でも当時は、その違和感を尊重すると何だか周りと違くなってしまう。そうすると、周りと違う事で、仲間外れにされるかもしれないと思いました。だから私の違和感や本当の気持ちは隠して生きてきたし、「気のせいだ」と無視してきました。

特に会社員になってからは、周りに合わせて、おかしくないように、違和感や自分の感覚は殺して生きていました。「こうあるべき」「これが正しい」って言う社会の常識みたいなものに必死に合わせようとしていました。そうしないといけないと思ったし、そうあるべきだと周りから求められているのが分かりました。

  • 大卒だからなんでも出来ないといけない
  • 総合職なんだから何でもやって残業もしなければいけない
  • 女なんだからお酌はちゃんとしろ
  • 女なんだから笑ってお茶をだして気遣をしろ
  • 女なんだから綺麗で可愛くしろ
  • 人と違う事は良くない事だ
  • 周りに合わせなくてはいけない

特に女である事の当たり前を強く求められると私は、なんだか酷く気持ち悪い感じがしました。男に媚びている様に自分が見えて、気持ち悪感じがしたのかもしれないです。

けれどふと、

  • 何でここに私はいるんだろうな
  • 何してるんだろう
  • 何なんだろうこの状況は

という気分によくなりました。

隠しても殺しても、いつもどこかで周りの感覚と自分にどことなくズレを感じていました。私が私である限り消えない感覚がいつもありました。

本当は、自分の気持ちを大切にしたかったし、押し殺して、違和感を無視して生きたくはありませんでした。いつも、私らしさって、私の生き方っえなんなんだろうと考えていました。(今思えば、多分、私は私らしく違和感を殺さずに生きたかったからそんな事をよく考えていたのだと思う。)

違和感を無視せずに生きる道はあるんだなって

結局違和感のある中で働く事は耐えられず、私は会社を辞めました。

でも、今はやっと違和感なく、私の感覚を大切に出来る生き方をようやく見つけました。(ただの、ブログ飯なんですけどね)

ブログ始めて・・・私のこのままを認めてくれる人に出会って、否定せずに受け入れてくれる場所や働き方を見つけました。

同じような、ジェンダー感覚を持っている人、理解してくれる人にも出会えました。

インターネットが無かったら絶対に繋がれなかった人たちです。

 

違和感を持って生き続ける事って、思った以上に辛くて大変です。少しでも、多くの人が自分の違和感を無視せず・・・ありのままで楽に穏やかに生きていけるようになるといいなぁと思います。

最後までお読み頂きまして有難うございました〜!!

 

    

こんきちがお稲荷通信メルマガ始めたよ。期間限定のプレゼント付き〜↓ 他人軸じゃなく自分軸で生きる事を知って、20代控えめ女子が好きな事で「自立」出来る様になった話はコチラ↓

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA