悩みや心の持ち方

ブログ継続&ライティングスキルUP最短方法は完璧で無く完了を目指す事

こんきちです。

ついつい「ちゃんとしよう」と思い過ぎてしまって何も出来なかったりする事ってあります。

ブログでも、途中まで頑張って書いたけど「ちゃんとしてない気がする」から投稿出来ないって思ってしまい結局その記事はずっと下書きフォルダに居たりしてね。

大事な事は、「完璧にする事」「完成させる事」じゃなくて「完了させる事」です。それが結果的に、ブログの継続とライティングのスキルアップにも繋がってきます。

という事で今回は、「完成じゃなくて完了させる事を目指そう」というお話です。

永遠に完成はしないし、「ちゃんとしてるか」は自分では分からない

何をするにもやり始めたからには「ちゃんとこなさないと」「ちゃんと作り上げないと」「完璧にしたい」こう思ってしまいます。

何かの手続きや書類作成なら、「ここまで」っていうゴールがあるので完成した形が分かります。用紙のここまで書いて、この欄を記入すればいいのねって思います。

でも、漫画、イラスト、作品・・・そしてブログ記事などの「創るもの(クリエイティブな事)」って終わりがありません。良いものを作ろうとすれば、無限に追求出来ちゃうんですよね。

だから、ブログ記事を書く時に「完璧に書き上げよう」と思っても、どこか足りない気がするし、どこかまだ直せそう、何か出来そう・・・そんな気持ちになるんです。

ブログ記事は、文章を書いているだけかもしれないですが、自分の想いを形にしていくクリエイティブな作業」「1つの作品作り」です。だから、完璧を目指しても自分ではその完璧は分からないし、「完璧にしてから投稿するぞ」と思っても、永遠に完成しないんですよね

 

しかも、「また今度ちゃんと書いて投稿するから・・・」と下書きに入れておくと大抵、時間が経ってその記事を書こうと思った時の思いや勢いが失われてしまいます。もう記事を書く、やる気がないです。

場合によっては、その下書き記事は忘れ去られ、ふとした時にその記事が発見されますが「これ何の文章だったかな?」となります。(私のブログにも、永遠に下書きに入っている謎記事があります。もうゴミ箱に捨てようかな。)

折角それなりの時間をかけて、書いたのに記事が無意味なものになってしまうんですよね。時間も、努力も、記事も、色々勿体無いね。

タスクを完了させる事が大事

なので、ブログ記事は完璧を求めてしまってはダメです。完璧ではなく「完了」させる事が大事です。

とりあえずタスクを完了させる事が大事です。

  • まだ未完だけど、記事を書いた
  • 記事を修正、更新した
  • とりあえず記事を書いた

これでいいんです。

未完でもいいので、少しでも記事を書いたら自分を褒めてあげましょう。(文字を書く事、記事書きを少しでもしただけで偉い)

完璧にしたくなるし、求めてしまうけれど「とりあえず書ける所まで書いた=完了」です。それで、十分です。(そして未完でも、不完全と感じてもお蔵入りするくらいなら投稿しちゃいましょう〜!!)

どうせ直すし、とりあえず投稿した方が早い!

そしてブログの良い所は、いつでも修正・変更・削除が可能な所です。

いつ書いても、どんなに頑張って書いても・・・後に見た時にどうせに気になって記事修正します。どうせ直すんです。

だったら、とりあえず書ける所まで書いて、後から直したほうが絶対に効率的ですし、そっちの方が良いって思います。

まだ本文が無くて、見出しだけでも「只今執筆中」って記事に書いておけば許される・・・未完でも「続く」と一言添えておけば許される・・・それがブログです。

いつでも直せます。投稿時は完璧じゃ無くてもいいんです、後から少しずつ完璧に近付けていきましょう。

最後に一言

という事で、ブログ記事は完成じゃなくて完了させる事を目指す事がスキルアップや成長に繋がるよって事でした。

この位の気軽さでやった方が、ブログを書く事も継続出来ます。本当にブログは「継続出来ない」「記事投稿出来ない」で挫折する人が多いです。

なので、ブログをやっている人は、完璧になり過ぎす「とりあえず記事を書いた=完了=投稿」の精神でコツコツ頑張って行けると良いなって思います。

継続していれば必ず、実ります。

時間がかかるので、不安な時もあるかと思いますがそんな時はこんきちに相談してね。押せる背中は押していきます・・・!!

 

という事で今回はここまで。

最後までお読みいただき有難うございました〜!!

こんきちがお稲荷通信メルマガ始めたよ。期間限定のプレゼント付き〜↓ 他人軸じゃなく自分軸で生きる事を知って、20代控えめ女子が好きな事で「自立」出来る様になった話はコチラ↓

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA