まとめの部屋

最強SEO対策&ブログ収益が爆発する記事は〇〇価値の高い文章を書く事

こんきちです。

ブログでPVや読者さんを集める為には

  • 検索結果で上位表示される事(=グーグルから価値ある記事と評価される)
  • ブログのファンを作る事(=リピーターを増やす)
  • 皆から紹介される様な記事を書く事(=人伝に色んな人が読んでくれる)

が必要です。

こういうブログ記事を書く為には「コンテンツ価値の高い記事」を書く事が必要不可欠です。逆に言えば、コンテンツ価値の高い記事さえ書ければ、読者さんは自然と集まりますし、グーグルからも「素敵な価値のある記事だね!」と評価されるので自ずと上位表示にも繋がります。(最強のSEO対策にもなる!)

アドセンス審査、アマゾンアフィリエイトなど何かの審査にブログを出す時にも「コンテンツ価値の高い記事」を書いているかどうかは大きなチェックポイントになりますから、記事書きに慣れてきたらこういった事にも気にかけながらブログ作業を進めて行きましょう・・・!!

という事で今回は「コンテンツ価値のあるブログ記事の書き方と5つのコツ」についてお伝えします。

そもそもコンテンツ価値の高い記事とは?

「コンテンツの高い記事」とは簡単にいうと「読者さんにとって有益で価値のある記事」の事です。

じゃあ「読者さんにとっての価値ある記事」とは何かというと「読者さんが検索した悩みや興味関心に答えてくれる、気付きをくれる、読者さんにとってのより役立つ内容の記事」という事です。

多くの人はこれを「読者さんの役に立つ記事=文字数が多い記事、最新情報だけが載っている記事」と勘違いします。確かに情報はあるに越した事はないし、最新情報もあった方が読者さんにとっては親切です。

でも本当の意味で読者さんの役に立つコンテンツ価値の高い記事というのは、読み手が記事を読んで「あなたの言葉に背中を押された」「勇気を貰えた」「想いを共有出来た」「心が救われたと感じた」「楽しい時間を過ごせた」という様な心から楽しい、有意義だったと感じてもらえる時間を提供出来る記事の事です。

最新情報や情報の羅列、専門知識はウィキペディア、まとめサイト、専門情報ページを見れば良いです。個人ブログの強みはそんな事ではなく、その人にしかない「想いや経験」「感じ方、哲学」を通しての「あなたというフィルターを通して感じた世界」を発信出来る事に大きな価値&需要があります。

音楽は「歌詞の言葉」「リズム」が特定の人の心に届いた時、多くの人から強く共感されファンが出来ます。

ブログもそれと同じで、「あなたにしかない想い」「あなたにしか見えない世界や哲学」が誰かの心に届いた時、共感・信頼されてファンが出来ます。(その結果、深く共感してくれたお客さんが行動してくれるからこそブログで収益を得る事が出来る様になります

綺麗な言葉で書くとこんな記事がコンテンツ価値の高い記事かなって思うよ↓↓

  • 被リンクが集まるコンテンツ(多くの人が参考にしたい、紹介したいと思える記事)
  • 検索キーワードに対しての情報が豊富(悩みや興味について読者さんにとって嬉しい情報が沢山書いてある記事)
  • オリジナリティがある記事(リンク、概要情報、他記事と同じ様な情報が書いてあるのではなく「あなただけの想い、体験」が込められた記事)

コツ①リサーチをして記事を書く

リサーチはコンテンツ価値の高い記事を書く為には必要不可欠といっても過言じゃありません。記事書きの為以外にも、「キーワード選定」「アフィリエイトしたい商品を選ぶ為のリサーチ」など様々な部分でリサーチは大事な作業になります。

特に記事を書く際には、「読者さんが求めている情報は何か」「何が書いてあるともっと読み手は嬉しいか」「読まれている記事に共通している事は何か」等リサーチを重ね、それを自分が書く記事に反映させる程に深みのある文章が出来上がります。

リサーチ無くして読者さんを深く唸らせる価値ある記事は書けないと思ってもいいかなって私は思います。

とはいっても、適当なリサーチ(コピペしただけ、とりあえず他記事にある様な事書いただけみたいな)はリサーチでは、残念ながらあんまり意味がない&時間の無駄になりかねないです。やるならしっかり大変&面倒なリサーチをやっていきましょう・・・!!(ブログの大変なコツコツは必ず実になって帰って来ますよ)

基本のリサーチには大きく3つの種類があります。これらのリサーチを駆使して記事を書く事でより内容の深い、納得感のある、お役立ち記事が書けるようになります。

  • 知識や情報を集めるためのリサーチ
  • ライバル記事のリサーチ
  • 読者さんのお悩み(関心事)についてのリサーチ

 

特にライバルリサーチでは、自分より凄そうなブログを見て落ち込む人も多いですが、コンテンツ価値の高い記事を書いていければ彼らを追い抜く事は十分可能です。

それに、他人がどうこうよりも「他の誰でもないあなたの想い、言葉」「あなたの好きな事、想いを読者さんに伝え、共感してもらえるブログを作る事」が大事なので、その事は忘れないで欲しいなって思います(他人に振り回されずに自分の「〜したい」を忘れない様に!)

ライバルブログはいて当然!勝利の秘訣は自分の好きを突きつめる事こんきちです。 ブログ書こうと思って、色々リサーチしたり、ライバルブログをチェックしたりしますよね。 でも、そんなライバルリ...
他人が既に書いててもOK!読まれるブログ記事を作る方法は〇〇込める事こんきちです。 私は、色々な「上手くいってそうな人」と自分を比較してしまいます。 仕事も、勉強も、ブログもそうです。 ...

また、ライバルブログは初心者さんにとっては「生きた良き教科書」ですから、ライバルリサーチしていく中で参考にすべき部分、素敵だなと思う部分、上位ブログ・素敵ブログの共通点、自分のブログと違う点などを学び得て、是非自身のブログにも取り入れて行きましょう。

ライバルブログから学べるよ〜自分の世界観を作りアクセスを増やす方法こんきちです。 ライバル達はどんな記事を書いているのかな~と思ってライバルリサーチしますよね。でもその結果、ライバルをみて落ち込む事も...

 

また、読者さんのお悩みリサーチは、あなたのブログの読者さん像である人たちは「何で悩んでいるのか」「何を知りたいのか」「どんな記事を読みたいのか」「どういう風に言葉を彼らに届けるのがいいのか」について調べる事です。

読者さんのお悩みは、ネットの掲示板を見ればたくさんの悩み質問が掲載されていますし、悩みを語っている個人ブログも沢山あります。

そこから読者さんの理解を深めて、知っていくこ事でより読者さんに向けて想いを込めて記事が書けるようになります。(ここで足りな知識があれば、リサーチして補っていく事でより深い、濃い記事も書けます)

読者の需要&悩みを理解して共感されるブログの書く3つのポイントこんきちです。 折角、めちゃんこ頑張って記事を書いても 読者さんから読まれないな アクセスも来ないな 成約も...

コツ②明確な「1人」に対して記事を書く

コンテンツ価値の高い記事を書く為には「明確な1人の読者さん像」を設定してその1人の相手に向けて言葉を紡ぐ事がおすすめです。

というのも「明確な1人」に想いを届ける様にして書かないと「誰に伝えたいのか分からない、ぼやぼやした曖昧な文章」になってしまうんですよね。

手紙でも誰に向けて書いているのか分からない手紙より、「特定の誰かに向けて書いた手紙」の方が絶対相手の心に響きます。人って「この気持ち、私の事だ」「この人私と同じだ」「この人は分かってくれてる」と心に刺さった時に深く共感します。

単なるダイエットの記事にしても「彼氏の為に見た目重視で痩せたい人」「医者から言われて痩せなきゃいけない人」「腰痛解消など痩せるというより健康目的でダイエットしたい人」がいますし、痩せる方法にしても「長期間ゆっくり無理なく痩せたい人」「ハードでも良いから短期間で痩せたい人」「沢山食べても大丈夫な痩せ方を探している人」など十人十色です。

読者さん像を絞るのは難しいですが、明確な1人に向けて記事を書ければ必ず人の心に刺さる、共感される文章になります。(初めから読者さん像を明確にするのは難しいので、初心者さんには「過去の自分」に向けて記事を書く事をおすすめしてるよ)

1記事における読者さん像は1人。1つの手紙の相手は1人です。その1人の相手にとって「必要な情報」「嬉しい言葉」「役立つエピソード」を届けてあげましょう。そうするだけで、ブログ記事は、シンプルに相手の心に響くかつ深く共感されるお役立ち記事になります。

 

記事の書き方で悩むブログ初心者は過去の自分に手紙を書く様にしよう〜!こんきちです。 ブログを始めてみたものの何を書けばいいのか、どういう風にやればいいのか分からないなって思う時ありますよね。 ...
記事が読まれない?アクセス来るブログは皆〇〇を書く様に書いてるよこんきちです。 日々、ネットで検索して、色んなブログを見ます。 そこで「なるほど!」「面白いなぁ」って思ったブログは...

コツ③1記事1テーマの法則で記事を書く

「コンテンツ価値の高い記事=読者さんにとってより役立つ記事=分かり易く伝わる記事」でないといけないです。

その為には「1記事1テーマ」で記事書きをする事が凄く大事になります。

自己啓発系記事や、伝えたい事が沢山ある人に陥りやすいのですが、一生懸命熱い想いを読者さんに向けて書いているのに「結局何が言いたいのか分からない」「あれもこれもとなって伝えたい事がぼやけてしまう」という記事が往々にしてあります。

この原因は「結論(何を伝えたいのか)」を考えずに記事を書いている、話が本筋からすれたまま記事が終わってしまった、読者さんが置いてけぼりな独り善がり記事を書いてしまっている、色々な話を詰め込みすぎている・・・が理由として考えられます。

ブログに限らず講義、授業、会話でも「何が言いたいのか分からない話」は相手からも共感されないですし、読んでいて楽しくないな、退屈だなって思われちゃいます。(大抵は途中で読むのやめちゃう)

なので記事を書くなら「今回何を伝えたいのか」という結論・テーマを「1つ」しっかり決めた上で記事を書く事をおすすめします。

ブログ滞在時間伸ばす!読み易い&伝わる文章は1記事1テーマがコツこんきちです。 どんなに読者目線で書いても、自分なりに気持ちを込めてもそれが相手に伝わらないと意味がありません。 折角な...

コツ④情緒軸に訴える文章を書く

「コンテンツ価値の高い記事」は「読者さんから深く共感される=心を動かす記事」です。そして心や気持ちが動かされた結果、読者さんは広告を見てくれたり、アフィリエイトで紹介した商品を買ってくれたりします。

人は心に響いた時、深く納得感を得た時に初めて「関連の記事を読んでくれる」「商品を買ってくれる」「コメントをくれる」などの行動してくれます。

最新情報、価格や機能などの概要的な情報も記事を書く際には大事です。でも、一番大事な部分は、あなた自身の体験や想いから出て来る「あなただけの言葉」「情緒に訴えかける部分」です。

人は感情で動く生き物。自分の体験に思いを乗せて共感される文章を書くよこんきちです。 色んなブログ記事がネットには溢れていますが 「どうやったら自分の記事にオリジナリティーを出せるのかな」 ...

コツ⑤自己開示を交えて記事を書く

コツ④にも通じてきますが、「心を動かす記事」「深く共感する記事」とはどんな記事でしょうか。どんな文章を読んだ瞬間でしょうか・・・?

例えば、「前向きなボジティブな記事」「前向きに頑張る中でも本人の弱さや不安が見える記事」の2つの記事があったらどちらの方により深く共感するって思いますか。

・・・おそらく後者の方じゃないかなと思います。

そうなんです!!実は「前向きだけの記事」よりも、「書き手の弱さや隠したい部分が開示されている記事」の方が読み手に共感され易く、読んでいて引き込まれる記事になり易いんですよね。

あなたの「弱いネガティブな部分」「隠したい闇な部分」「あなたの本当」「人間臭さ」が記事の中に出れば出る程、読者さんはあなたに「この人にもこんな所があるんだ」「私と同じだ」と親近感&より深い共感を持ってくれる様になり、よりあなたの世界に引き込まれるんです。

また、この「人間臭さ」はあなただけのオリジナリティーにもなるので、ライバルとの差別化にも繋がります。

自分のダメさを開示する事でブログオリジナリティー&深い共感を生むこんきちです。 あなたがブログを読んでいて、 「深く共感する」 「この人の他の記事も読みたい」 「この人の他...

最後に一言

という事で「コンテンツ価値の高い記事の書き方と5つのコツ」についてでした。

  1. リサーチをして記事を書く
  2. 明確な「1人」に対して記事を書く
  3. 1記事1テーマの法則で記事を書く
  4. 情緒軸に訴える文章を書く
  5. 自己開示を交えて記事を書く

はじめは慣れない作業なので、時間も掛かりますし、リサーチはめんどくさいしで疲れると思います。けれど、慣れてくれば「こうやって書けばいいのか」と分かってきますし、この書き方が分かってくると、以前よりも断然に良い記事がバンバン書けるようになります。

ブログを収益化&SEO対策していく為にも「コンテンツ価値の高い記事を書く事」は必要不可欠な超大事スキルなので今から少しずつ身につけていきましょう〜!!

最後までお読み頂きましてありがとうございました〜!!

 

こんきちがお稲荷通信メルマガ始めたよ。期間限定のプレゼント付き〜↓ 他人軸じゃなく自分軸で生きる事を知って、20代控えめ女子が好きな事で「自立」出来る様になった話はコチラ↓

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA