生き易さの思考法

2つの選択肢で迷った時、納得出来る決断を選ぶ為のたった1つ価値観

こんきちです。

最近、テレビで断捨離の番組を見ました。断捨離って「自分の大事なものを見極める事を通じて自分自身についても考える事にすごく繋がる事なんだそう。

そこで出てきた人が「迷ったりする時ってその価値同士はほとんど同じ。価値が拮抗しているから迷うんです。だから、僕は迷ったものは捨てる様にしています。」という様な事を言っていました。

何かに迷うという事は価値が拮抗しているという事。

この言葉がとても私は心に響いたので今回はそこから思った「2つの選択肢で迷った時にパッと行動しやすくなる考え方」について書きます。よければ読んでみてくださいね。

多くの人は迷ってため込む

人生って決断の連続です。だから迷うし、どうしようという事が私は沢山ありました。

私は自分の大半の人生を振り返ってみると、するかしないかの2つの選択肢が目の前に来た時、「迷って何もしない事」が多かった様に思います。(多分大半の人がそうなのかなって思います。行動する事、変化する事ってとても怖いし不安だって思うので)

本当はやってみたい事だってあった。でも、行動するのは、今を変えるのに足がすくんでしまったし、自分自身責任を負う事が怖かったです。だから・・・そうして「やってみたい」「ときめき」に蓋をして

  • 普通はそんな選択しないよね
  • こんな事したら怒られそう
  • 体裁も悪いかも
  • どうせ反対される

と色々溜め込んで、ただ何も変わらない日々を、どこかこのままでいいのかなというモヤモヤした気持ちを抱えながら生きていました。

価値が同じなら○○な方を選ぶが吉

でも2つの選択肢で「迷う」という事は「価値同士が拮抗している」という事。どちらを選んでも「恐怖、後悔の予感、不安」があるという事だと思います。(だから迷う、選べない)

迷わず「こっちだ!」と選べるという事はそれに大きな価値があると自分自身が思えるからだって思います。逆に、迷いがあるという事はそこまでの価値を感じていない、どちらを選んでもあまり変わらないという事かもしれないです。

私は今まで色々悩む事はありました。

  • 会社を辞めるかどうか
  • 東京に引越すかどうか
  • ブログ添削サポートを始めるかどうか
  • ブログのテンプレートを買うかどうか

私の場合、大きな決断であればある程、大抵は自分の気持ちよりも、「他人の顔色、世間体、普通である事」に勝手に自分を縛ってしまって「(○○もこう言うだろうし)こっちを選んだ方がいいかも」と自分の気持ちよりも・・・他人の軸で選びがちでした。

実際、大学や就職の会社も私は「父親が期待してるからこれを私は選ぶべきなんだよね」という感じで決めましたし、会社退職の事も周りの目が気になって、他人が気になって「会社辞めたいでも皆が怒る」「辞めてどうするの本当に辞めていいの」とめちゃくちゃに悩みました。

でも、選択を迷っている時、他人の顔色を伺っている時、どちらの選択肢を選んでも不安や恐怖があるのには変わりないなと思いました。そして少し自分の心を見つめて考えると、片方の選択肢に対して、かすかに前向きな気持ちがあるって思いました。

なら、少しでも先を考えた時に前向きな心がある方を選んでいいのかもと思います。(今振り返って考えると私はそうして来たって思いますし、そうした選択肢を選んだ後の方が納得して過ごせた事が多かったです。)

  • 会社を辞める。(3年耐えても変わらなかったし、この会社の状況はこれからも変わらない。普通のレールを外れる恐怖はあるけれど、虚しいままこれから40年会社勤めするのも発狂しそう、後悔しそう…。だったら、怖いけれど、自分で決めて自分したい仕事をしたい。誰かの期待する人生じゃなくて、私の人生を進みたい)
  • 東京に引越す。(正直、不安はあるけど親の目がなければ東京に凄く行きたい。そっちの選択肢と未来を考えるとトキメキがある。)
  • 添削サポートやってみる。(自分の経験を活かしたいとずっと思っていた。不安だけどブログ添削やってみたいし、怖いけどトキメキがある。)
  • テンプレート買う。(ブログのモチベーションも上がるしこれからずっと長く使える…以前から買いたい気持ちもあった)

最後に一言

  • 2つの選択肢で迷う時は価値が拮抗している
  • 未来を考えた時に、少しでも前向きな気持ち、トキメキがある方を選んでみると良い

という事で今回は・・・迷った時に選択肢しやすくなる考え方についての記事でした。

2つの選択肢があって・・・自分のしたい事を選ぶのってすごく怖いです。だって、選択と行動の責任が全部自分にくる感が凄いんですもん。でも、他人軸で選んで、責任転嫁みたいな選択をしたとしても、結局その選択&行動をしてその人生を生きるのは自分自身で・・・大変な思いをするのも自分自身です。(結局自分軸で選んでも他人軸で選んでもその人生を生きるのは自分)

だったら、自分のときめく事をしていきたいし、失敗しても、納得しながら前に進んでいきたい・・・そういう生き方をしたいなって思います。

という事で今回はここまでです。最後までお読み頂きありがとうございました〜!!

 

こんきちがお稲荷通信メルマガ始めたよ。期間限定のプレゼント付き〜↓ 他人軸じゃなく自分軸で生きる事を知って、20代控えめ女子が好きな事で「自立」出来る様になった話はコチラ↓

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA