仕事・退職の部屋

仕事の飲み会=社風!精神的苦痛飲み会が多過ぎるなら転職一択だと思うよ

こんきちです。

仕事の飲み会、毎月あるだけでも苦痛なのに、時期によっては毎日飲み会なんて会社もありますよね。

私が勤めていた会社は、接待飲み会、懇親会、会合がやたら多い会社で(その代わり職員との普通の飲み会は少なかった)、平日はほとんど夕方飲み会なんて週もよくありました。

しかも会社の体質が結構古臭くて、接待飲み会の時は女性社員はコンパニオン要員みたいな扱いだったり・・・二次会では当然の様にスナックに連れて行かれ、おじさまとカラオケでデゥエットを歌わされたり散々でしたよ。(いつもなんで私はここに居るんだろうと思いながらカラオケ接待してた)

飲み会で連れ回されるなら、残業してる方がまだましです。やっぱり飲み会は好きな人たちと行くのが一番だよね・・・。

今回は「嫌な会社の飲み会って本当にクソ!!」「飲み会は会社の社風でもあるので合わなければ仕事変えた方が良いと思う」という想いを書き綴っちゃいました。

惰性でなんとなくやっている、偉い人だけが楽しい飲み会は早く撲滅!!

大量の飲み会・接待は基本、心を無にしてやり過ごすしかないよね

飲み会の上手い断り方なるものがある様ですが、大抵会社飲み会って

  • 歓送迎会(参加しなきゃまずい)
  • お客さんや役員との接待飲み会,、懇親会、会合(参加しなきゃまずい)
  • 上司からの誘い(たまにならいいけど、毎回断る訳にもいかない)

というものが主な気がしますし、断っても断っても次から次へと飲み会は入ってきます。

それを毎回断る訳にも行かないし(断ると機嫌悪くなる人もいるしね、面倒)、お客さんや偉い人たちとの飲み会であれば断れるはずがありません。(断ったら「何だこいつ」と思われるし、仕事にも支障をきたすので)

だいたい会社を辞めたくなるほど飲み会が多い職場なんて・・・もう飲み会の断り方、耐え方どうこう言っている次元じゃないですよね。心を無にしてその時をやり過ごすしかないですよね。(まじで帰りたいと心の奥で思いながら・・・)

せめて二次会は回避しようとした時もあった

一次会はやり切った!「二次会はせめて回避しよう!」「勘弁してもらおう」と思って、逃げていた時もありました。

  • こっそり一次会でフェードアウトしたり(影を薄くするのがコツ…)
  • 「今日はすみません!次はご一緒しましょ〜」と明るく言ってみたり
  • 一次会で帰る人の群れにちゃっかり混じってみたり

「明日の早朝から〇〇(予定)があるので」「明日も仕事なので」っていう口実もありましたが、他二次会参加メンバーも明日は仕事な訳で・・・私の場合は言いにくかったと言いますか、あんまり使えなかったです。

それに、偉い役員の「次〇〇いくぞー!」の鶴の一声があったり、「こんきち、絶対来いよな!俺お前に言ったからな!」なんて言われたら、もう行くしかなかったですね。

行きたくなさ過ぎて、帰った時もあったけど、後でブツブツ言われて結構ストレスになりました。行っても行かなくてもストレスになるなら、人間関係円滑化の為にも「色々言われるならやっぱり行った方が良いな…」と私は当時、思ったよね。

でも実際、接待で二次会に行った方が、お客さんも色々話してくれたり、お酒の力もあってか親近感を感じてくれるみたいで、その後の仕事で関わる時も心なしか仲良くなったり、色々やり易かったりはしました。(これが飲みニケーションってやつか・・・)

飲み会でまじで嫌だった事

私の場合、接待飲み会が主ですが、そこでめちゃくちゃ嫌だった事達を書いてみました。

ちなみに、私が初めて仕事を辞めたいと思ったのは連日の飲み会の後、真っ暗なアパートに帰宅した時です。実質、飲み会が一番最初の退職のきっかけです。あの時「辞めたい」という感情がふっと頭に降りてきました。

お酒を飲まなければいけない事

私の会社は田舎にありましたので、ファジーネーブルとか梅酒みたいな甘いお酒は無いです。日本酒かビールの2択!

お酒を飲まないという選択肢は無かったので、我慢してビールを飲んでいましたが、ビールは苦くてマジで不味いです。嫌いなものを飲まされる苦痛。しかも翌日にお酒が体に残りやすい体なので、次の日辛いし。

行きたくもない飲み会で、嫌なもの飲んで、翌日体調不良とか何やっているんだろうなって感じですね。

本当は烏龍茶とか飲みたかったですが、女上司がそれを許しませんでした。(彼女はいつも「私お酒飲めないのよ〜」などと言い、烏龍茶を飲んでるのに・・・!!!)

オヤジ達の武勇伝を聞かされる

仕事柄、事業主さん、経営者さんなど、それなりに歳を重ねたおじさんのお客さんが多かったので、接待や懇親会ではオヤジ達と話す機会しかなかったです。

そのためオヤジ達からは「昔はこうだった」「俺の時代はああだった」と武勇伝を聞かされまくりました。私の父親もそうでしたが、本当に彼らは昔話や自分がすごいんだぞ話しが大好きです。

でも田舎で方言も多かったので、正直何言っているのか話の内容の9割くらいが分からない人もいて、とりあえず私は「そうなんですねー!!」「すごいじゃないですか〜」と適当に共感の合図地を打っていました。(そうして会話は成立していた・・・)

飲み会の時間は苦痛以外の何物でもないですが、「そうなんですね」と明るくお話を聞いていればとりあえず何とかなります。共感の合図ちと言葉は魔法の作法です

個人的な飲みや、見合いに誘われる

飲み会に参加されているお客さんは、50〜60代のオヤジ達が多かったです。私の父親くらいです。(私は当時20代前半だった)

それで、彼らにも息子さんがいる様で「うちの息子と見合いしてみない?」「息子と1度会ってみない?」とお誘いを受ける事もありました。

飲み会の席だから冗談半分でしょうが、正直ちょっとそういう話をされる事が気持ち悪いなって私は思ってしまいました・・・。(でもたまに割と本気の人もいて、昼間のシラフの時にもそういう話してくる人もいました)

また、個人的な飲み会に誘われる事もちょくちょくあって、基本は「いいですね〜」と適当に笑って受け流して飲み会は実施しません。でも、たまにどうしても「行きたい!!」というおじさん(仕事のお客さんだからね!!!)もいたので、そういう人とは、お昼ご飯とか行きましたね・・・。(精神的苦痛過ぎる・・・)

毎回手にキスしてくるオヤジなどがいる

あとこれ!!!マジでこれは苦痛でしたよ!!!

接待飲み会で、お酒入ってくると「下ネタ」をいうオヤジがいたり、色々いるんですよね。その中でも、絶対に毎回手にキスをしてくるオヤジがいました。役員の偉い人だったので、笑ってあしらっていましたが、即帰宅して手に熱湯かけて洗いたかったですね。

あと、飲み物をこぼしてしまったオヤジにお手ふきタオルを渡されて「ここ(股間)拭いてよ〜」と言われた時は、「嫌です!!!!!」とついつい言い放ってしまいました。(寒気がした・・・キモ過ぎるよ〜)

まぁ、きっと世間から見たらもっとすごいセクハラもあるだろうし、私のなんてきっと軽いセクハラなんでしょうが・・・私は結構精神的に苦痛でした。

こういう事があると「男の人気持ち悪い・・・」「男の人って結局こうなんじゃん・・・」って思ってしまう。(違ういい人もいるって分かっているんだけどね)

女性社員をコンパニオン要員とみてくる

さっき書いたセクハラ事件の原因かもしれないですが、飲み会では基本女性職員はコンパニオン要員みたいに見られている部分はありました。(実際にコンパニオンも呼んでた飲み会もよくあったし)

基本、席に座らず出席者のお酌に回って、オヤジの話を聞いて、もてなしてあげる。

女上司からは「昔は私たち職員には席も無いのが当たり前で、お酌に回るのが当然よ。今は席があるだけ有難い事なんだよ」と言われていて、お酌をしないで休憩していると彼女の目が光って小言を言われちゃいました。

色々と「現代でもこんな事しているんだ」と思ってしまう様な、時代錯誤といいますか、価値観が違い過ぎる事がすごく多い飲み会だったなって思います。

風土に馴染めなければ転職準備をするが吉

正直、飲み会の習慣って、その会社の歴史、習慣、文化だとも思います。

社風、文化はそう簡単には変えられないし、変わりません。なので「いつまで経っても馴染めない」「違和感が消えない」「苦痛」なら正直会社だったり働き方を変えていくしかないのかなって思います。

実際私の会社は飲み会多かったけれど、友人はほとんど飲み会無い感じでしたし(スナックにも連れて行かれた事ないって言ってた!)、職場や会社によって当然ですが「文化や習慣」は違います。

なので自分の雰囲気にあった社風の会社をちまちま探して転職活動をしたり、副業を始めて会社を辞める準備をしたりするなど、「何かしらの準備を始める」のが一番良い様な気がします。

私は転職活動に恐れをなし(他の会社の面接受けるの怖かった)、ブログでちまちま副業を始めた後フリーランスという名のジョブチェンジをした人ですが、人それぞれに合った仕事や生き方ってあるし、探していけば絶対見つかるって思います。

飲み会で辛い思いをしている人もいると思うけれど、諦めないで自分の人生の駒を進めていって欲しいなって思います。(クソな飲み会や会社になんて負けないで・・・!!!)

 

最後までお読み頂きまして有難うございました〜!!

【まとめ】私が仕事辞めるまで考えたり悩んだり体験したことこんにちは、こんきちだよ。 会社員辞めたすぎてとりとめのないことを考え、悩んでた時代の記事たちです。 容易に会社を辞めるのは...

 

こんきちがお稲荷通信メルマガ始めたよ。期間限定のプレゼント付き〜↓ 他人軸じゃなく自分軸で生きる事を知って、20代控えめ女子が好きな事で「自立」出来る様になった話はコチラ↓

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA