選択と行動

会社の残業で辛い&給与減で辞めたい人も今こそネットビジネスで自立

こんきちです。

「働き方改革」で残業をしない様にする動き高まってきました。確かに残業減るのは嬉しいです!ですが、仕事量なんてそう簡単には変わらないもの。(政府が前々からやるって言っても、多くの会社たちは対応出来なかったりで・・会社員、給与、働き方については何となく、おざなりにされがちなイメージ)

結局しわ寄せは社員に来るので、見かけ上は残業無しに見えるけれど、実はサービス残業で業務乗り切る会社も多そうです。(私の会社はタイムカードも無かったので、残業は自己申告制で、残業つかない日もチラチラ・・・。)

残業してるのにお金出ないなんてマジで不毛だし、ごみだって思います。そういう会社からは行動するの怖いけれど、早く出た方が良いって思いますが、そうでない割とホワイトな会社はこれから残業時間が減り自分の時間が増えてくるって思います。

暇な時間に何をするかってとても大事で、きっとこれから、その自分の時間を使って、副業などで「自分資産」を増やしていく人はもっともっと増えそうです。

という事で今回は「働き方改革で残業も減り自分時間が増える今だからこそ、副業でブログを通じて自分資産を作って行った方が良いよ」ってお話です。

残業代が無くなり減った給料分は〇〇で埋め合わせる

基本給が低くて、残業代ありきで生計を立てていた人は、働き方改革で残業が減るに従いもらえる給与も減ってきちゃうと思います。

「残業が減る→手取りが減る→給与は基本給のみでボーナスも出ない」という流れがこれからどんどん広がってくると思われます。そして、その分逆に増えるのが「自分の時間」です。

この空いた自分の時間に「副業、Wワーク」をする事で、減った給与分を増やしていこうって事なんですよね。(1つの場所にとらわれず、より効率的に必要な所で、必要な時間働こうって事なのかな)

  • 今すぐにお金が必要な場合は「バイト、物販、自己アフィリエイトなど」(労働型)
  • 先を見据えて自分資産を作って行く場合は「ブログ、投資、不動産など」(資産型)

残業しているのに給与が出ない所はいちゃダメ…

残業をしているのに全く残業が出ない会社もありますが、そういう会社ダメなので転職するなりさっさと逃げた方が自分の為です。

私のいた会社は、好き嫌いの感情で働く男性支店長が上にいたので、彼に嫌われたり、機嫌を損ねたりすると残業代が出ませんでした。(くそですよね!!!)

会社上司がごみで呪いたい!人間関係に怯えて仕事するなら副業で自立だ…こんきちです。 会社って組織なので色々な人がいます。私が勤めてた会社にも色々人がいました。 どんなに仕事内容が好きな事でも人間がゴミ...

でも、残業をしているのにお金が一銭も入らない場所にいるのは、どう考えてもおかしいし異常です。そういう会社はいつか、監査が入ったり、何か問題を起こしてもっと悲惨&大変状況になるかして・・・潰れます。(ともかく将来はあまり明るいとは言えないです)

私のいた会社も、常に人手は足りないし、どこかの店舗で不祥事は起きるし、それによりルールは増えるし、「我慢していれば良くなる?」と思っていたけれど全然でした。(むしろ状況は悪化するだけ…)多分、会社の根本的な仕組み、習慣、やり方の部分から見直したり改善していかないとダメなんだって思います。

現代に合わない、時代に合っていない仕組みなのに「変われずにいる会社」、そんな事はお構い無しに「変わり続けていく世界と社会と人間たち」の差はどんどん広がるしかないでので、どんどん辛い状況になっていたんだなって思います。

自分の行動次第で心豊かにも激辛な生活にもなる

「自分の会社は異常だ」「何かおかしい」と思っても転職しない、行動しないならそれは「おかしいと思っていない」「これでいいと思っている」のと同じで、もしくは、情報を持っているのに活用出来ないでいる情報弱者と変わらないです。

情弱とは、情報資源に満足にアクセスできない人や、情報を充分に活用できない人を指す俗称である。コンピュータやインターネットが発達・普及している、現在の高度情報化社会においては、得られる情報の量や質の差が、社会的、経済的な格差を生みやすい。この格差は情報格差などと呼ばれる。(Weblio 辞書より

残酷ですが、多くの場合、NOと言わなければYESと言っていると同じ様にはたからは見られちゃうんですよね。

でも、世界って案外自己中私的なもので、自分自身の見方が変われば見えるものも変わってきます。変えられるか、変えられないかは自分の行動次第です。

「この仕事向いている、向いていない」という考え方もあるけれど、これって結局よくわからないですし、最後は自分の心次第だって思います。だから私は「自分がやりたいのか、やりたくないのか」「今のままでいいのか、そうじゃないのか」で考えた方が行動出来るし決断し易いかなって思います。

私自身、前に入社した会社で、自分は絶対向いてないって思ってそこに入社した訳じゃなかったです(多少は向いてるかもって思っていました)でも実際は、向いてるとか向いてないよりも、人間関係だったり、そもそも仕事を教えてくれる人が居なかったり、色々な状態が重なって心の底から「この仕事したくない」「この職場辛い」って思いました。もしかしたら、向いている部分もあったのかもしれないです。でも、「やりたくない」「辛い」が大き過ぎました。(結果、行動するのは怖かったけれど、辞めてしまいました・・・。)

そして今のブログのお仕事も、向いているのかどうかって言われるとよく分かりません。でも、私自身は「やりたい」って思えるし、そこで繋がった人たちや大切なお客さんが出来たので全然この仕事を辞める気は無いですし、長く続けて行きたいって思います。(それにブログ運営は自分資産を作る仕事でもあるので、今まで積み上げたものたちがどれだけネット上で働いてくれるのかも観察したいですし・・・!!)

会社と違って月々の給与とかの安定性はないかもしれないけれど、心は断然安定したし、それなりに今も暮らせているので、私は今の方がずっと幸せです。(「向いてる、向いてない論」って結局、結果論だなってちょっと思います)

「今が幸せで、充実している」「今の仕事が好き」なら今を生きるのがきっとその人の正解だって思います。でもそうじゃなくて、今が辛くて今の状況から抜け出したいって思う心があるなら「何か行動する事」がきっとその人にとっては必要なんだろうなって思います。

最後に一言

働き方改革で、どんどん「会社システム」と「世界、社会の状況」はかけ離れて行くと思うので厳しいな、辛いなってか社員も増えてくると思います。でも残業が減ったりした分、自分の時間が出来ます。

今の状態で満足で足りている人は良いんです。

でもそうじゃないって人はやっぱり、ネットビジネスをしたり、副業で未来に繋がる「自分資産」を作る為に活動した方が絶対に良いって思います。特にブログは結果を出すまでに時間が掛かるので、(私も成果出るまでに1、2年はかかりました〜)早めに取り組むのが絶対に吉だってとても思います。

自分資産作る事は簡単じゃないですが、「会社以外の自分収入があるって事」は凄く自分の自信だったり、「別にこの会社にいなくても生きれるし!」と気楽に生きやすくなる事に繋がります。生き方の選択肢が広がるって思います。

最後は自分が「したいか、したくないか」ですが、後々「やっておいて良かった」とハッピーになれる様に今から出来る事はしていきたいなって私は思います。

ということで今回はここまです。

最後までお読み頂きましてありがとうがざいました〜!!

 

 

こんきちがお稲荷通信メルマガ始めたよ。期間限定のプレゼント付き〜↓ 他人軸じゃなく自分軸で生きる事を知って、20代控えめ女子が好きな事で「自立」出来る様になった話はコチラ↓

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA